30代にしておきたい17のこと 本田健【レビュー】

目安時間:約 6分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

30代も半ばに差し掛かり、ちょうどこの本がぴったりの年頃の私。とても読みやすい1冊でしたが真剣に読ませていただきました。希望を持てるところから、なかなか厳しい一言だなと感じるところまで、たくさんの切り口からの気づきがありました。複数の会社を経営する「お金の専門家」であり、ベストセラー作家である本田健さんの視点から30代に向けたメッセージが本書です。

 

【学んだこと】

 

1、役割にはまらないように気をつける

特に結婚して子供ができてからですね。「夫である。」「親である」という役割が、自分の制限になっていた気はたしかにしました。そう感じる30代の人は多いみたいですね。もちろん役割を果たすことは大切ですし、そこにやりがいや幸せも感じますが、役割に縛られて自由を失ってしまうこともあるように感じます。ときには制限を外す選択肢も考えてみても良いのだと、本書を読んで感じました。

 

2、自分はどの分野で何をしていくのかを決める

『30代のうちに「この分野で生きていくんだ」という自分の方向性を定めることです。そして、その中で、自分はどんな役割を担うのかを考えましょう。

(中略)

それまでに縁があった分野、偶然やることになってしまったことに、とことん打ち込んでみるというのも、30代の、一つの自分探しのやり方です』

 

まわりの人を見てみても、やはり30代になると転職をしようにも、これまでのキャリアを活かした道であれば採用されることは多いですが、まったく違うことをしようとすると、転職がうまくいかない人に何人か出会いました。

 

もちろん、人はいろんな可能性を持っていると思いますが、社会人になってから10年以上、経験を積んでいるのが30代なわけですから、それまでのキャリアをまったく捨ててゼロから何かをするというのは、勿体無い人が多いのかもしれません。

 

私自身も、ウェブマーケティングとウェルスダイナミクスという2つのテーマで今は仕事をしていますが、この2つの分野をいっそう極めていくというのが、当面のやっていきたいことで良いんだなと改めて感じました。

 

3、メンターの考え方

メンターと出会うことの大切さが説かれていました。

『あなたの理想の人生をイメージして、そういう生き方をしている人を探す』ということです。

 

自分の大好きな分野で、ある程度の実績を出している人。というのが1つの基準で、メンターは複数いても良いそうです。

 

独立して以来、たくさんの人から学んできてメンターと呼べる人も何人もいました。そういう意味で、とても恵まれていたし、メンターの力は本当に偉大だなと思います。。今後は経営者としてだったりビジネスオーナーとしてのメンターがいても良いかもしれないと思いました。

 

4、自分主催のパーティーを開く

これは、ちょっとめんどくさいなと思ってしまう項目ですが自分がコミュニティのリーダーになるということの価値を伝えてくれている項目です。面倒だけど、やってみようと思えたので響いたことの1つです。

 

5、才能を掛け合わせる

本田健さんも会計、通訳、コーディネーター、コンサルティング、カウンセリングなど多岐にわたる才能があるにもかかわらず、どれもいい加減な気がして「自分はダメだな」と考えていたそうで、それがとても意外でした。

 

ずば抜けた才能がなくても、「才能のかけ算」をすることが大事なのだということです。私の場合はウェブマーケティングやウェルスダイナミクスという分野的な専門性はありますし、慎重であるとか向上心があるとか、性格的な才能もあると思います。

 

そういう才能の掛け合わせから、何ができるのかを見ていくことはウェルスダイナミクスの「富=価値×レバレッジ」の富の方程式ともつながる考え方で、やっぱり共通している考え方なんだなと納得です。

 

ちなみに、才能の掛け合わせに関しては、他人とのコラボで才能がゼロの人がいると、その人がいることによって全部ゼロになってしまう。才能0.9の人何人かと掛け合わせたら、結局自分の力は半減してしまう。そんな警告も書かれていて、なるほどこれはまさに自分が今まで体験してきたことだなと、ここも納得です。

 

6、どんなときもワクワクすることを選ぶ

『これから、一生のあいだ、目の前の選択肢の中から、いつもワクワクすること、怖いけど楽しそうなものを選ぶだけでいいのです。』

 

これも、勇気づけられる文章でしたので引用。本当に本田健さんは人をワクワクさせて希望を持たせるメッセージを書きますね。

 

【感想】

著者の本田健さんご自身が30代のときに、お父様の死、娘の誕生、本の初出版、新しい事業のスタートなど激動の10年となって、そのことがのちに大きな影響を与えていたそうです。

 

私自身も30代に突入して早4年ですが、今の妻と付き合い始めて、同棲して、結婚して、子供ができてということが、この4年間で起こってきました。また、仕事に関しても、ほぼ個人での作業によるアフィリエイト1本だった20代の頃から一転して、人と関わりながら裏方でウェブマーケティングに携わるというスタイルに転換してきたのが、30代に入ってから起こったことです。

 

残り6年の30代。これからもさらにいろんなことが起こると思いますが、より充実した30代を過ごすためにも読んで良かったなと思えた1冊でした。

30代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)
30代にしておきたい17のこと (だいわ文庫)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

この記事に関連する記事一覧

管理人プロフィール

守屋信一郎

名前:守屋信一郎

2005年からインターネットビジネスを開始し大学院を中退して独立。この経験を書籍として出版した『インターネットに就職しよう!』(青月社より2010年に発行)はAmazonベストセラーランキング2位を獲得。
詳しいプロフィールはこちら

最近の投稿
カテゴリー